離婚の危機!慰謝料ハウトゥ

憧れの結婚生活が離婚の危機に!今後の生活を考え慰謝料についてはしっかり考えましょう - 不倫調査の方法

不倫調査の方法

shortenここでは、不倫調査法の情報を整理しご説明。
どこから読んでも解るので、気になる箇所だけ読んでも!
浮気調査を網羅的に知りたければ、冒頭から順にどうぞ。ここの情報だけで相当詳しくなれます。
不倫調査法を手っ取り早く知りたい方は、まずはこの頁を。更に知りたい情報は各カテゴリー頁を。
【5分で解る不倫調査法】
1.自力調査と探偵へ依頼の方法
浮気調査には、自分でやるのと探偵へ調査依頼する2つの手法が。
各々善し悪しがあり、以下が簡単な特徴説明。
・自力調査
費用無し。手間がかかり、バレやすく、違法行為をするリスクが。
・探偵調査
費用有り。手間がなく、決定的証拠を専門機材とノウハウで収集。
2.浮気調査のプロ
探偵調査のサービス内容は以下。

  1. 相談や事情聴取
  2. 素行や行動調査の情報収集
  3. 尾行や張り込み
  4. 写真等の証拠収集
  5. 調査報告書のまとめ

他に事務所毎の色々なサービスが。詳細は、各事務所のホームページや問い合わせを。
3.探偵って怪しくない?
探偵に悪いイメージを持っているかも。
平成18年に探偵業法が制定され、細かい規則や義務が設定され、ある程度安心して利用が可能に。
また、裁判でも調査報告書の提出が可能に。
4.不倫証拠
様々な不倫証拠。中には違法に収集した証拠等、自分に不利な証拠もあるので要注意。
どうですか?大体の概要は掴めましたか?更に詳しく!という人は、各頁をご参照。

調停裁判の場合

裁判前に離婚調停の場を設けるのは、夫婦間で離婚について話がまとまらなかった場合です。
調停官を立会人として、家庭裁判所にて話し合いをするのが離婚調停です。
調停で弁護士を雇ったとしたら、どのくらい支払うことになるのでしょうか?
弁護士への支払う「手付金」と「謝礼金」の平均的な金額はどのくらいになるのでしょうか。
2006年度の日本弁護士連合会が実施した調査結果では、「手付金」が全体の53%で20万円、42%が30万円で、「謝礼金」が40%の30万円、そして30%が20万円となっていました。
ということは、40万〜60万円が弁護士に支払う平均的な金額と言えるでしょう。
それでもやはり弁護士によって支払いが変わるのでプランニー 浮気調査で一押しの弁護士を紹介してもらってください。
一つ注意したいのは、これにかなりの額が加算されることがあるということです。それは、日当や時間給が高額の弁護士の場合です。
離婚調停は、半年の間にだいたい6回ほど回を重ねて執り行われるのが、一般的です。
中でも調停が長期化しがちなのは、浮気が発端となっている場合です。
その分、調停に立ち会う数が増えるので、金額も上がるということです。
調停では白黒つかず裁判へと発展する恐れがあるのは、浮気が理由で双方の気持ちがこじれてしまっているケースです。
自己負担の増加を避けるためにも、手付金だけで判断せず、簡単に弁護士を決めないように気をつけましょう。

新着情報

◆2014/05/13
不倫調査の方法の情報を更新しました。
◆2013/05/02
不倫調査のポイントを新規投稿しました。
◆2013/05/02
自分でやる不倫調査を新規投稿しました。
◆2013/05/02
不倫調査の流れを新規投稿しました。
◆2013/05/02
プロに頼む不倫調査を新規投稿しました。